名作ゲームどっとこむ  伊集院 光
 
ホーム > 伊集院光

伊集院 光(いじゅういん ひかる、本名:篠岡 建〔しのおか けん〕、旧姓:田中、1967年11月7日 - )は、日本のタレント、お笑い芸人、ラジオパーソナリティ、元落語家。星企画(5代目三遊亭圓楽一門が所属する芸能事務所)、フリーを経て、現在はホリプロ所属。東京都荒川区西尾久出身。身長183cm。体重125kg(前後5kgぐらいは常に変動している)。東京都立足立新田高等学校中退。妻は元アイドルの篠岡美佳。

人物

大柄な体型の「デブタレント」。テレビでは人当たりがよく謙虚で朗らかなタレントとしてのイメージが強い。クイズ番組の解答者としては上位の活躍をしている。
テレビ出演とは別に、伊集院のライフワークはラジオで、『伊集院光 深夜の馬鹿力』に力を注いでいる。ラジオでは毒舌と下劣ギャグ、珍言妄言、自虐ギャグなどでテレビとは全く違った一面をあらわにしている。2008年4月期以降は仕事を意図的に絞るようになり、10年近く続けていたラジオ番組(日曜大将軍~日曜日の秘密基地)を終了させた。理由として本人は、2007年末に40歳を迎えたことで「自分探し」をしたいと、事務所には無理を言った事を明かしている(かつてはラジオにおいて「自分探しブーム」を揶揄し、「小ざかしい」「自分探しの旅に出て二度と帰ってくるな」等と言っていた時期もある)。また、ラジオに対する軸がぶれてきた、原点に戻る意味もこめて深夜のラジオに集中したいということも『日曜日の秘密基地』の番組内で吐露した。

若手芸人

ホリプロ内外を問わず、全く無名の若手漫才師を見つけてきては自らの野球チームに半ば強制的に加入させることで若手芸人との関係が始まる。伊集院は落語家という厳しい上下関係の芸人の世界で育ったため、現在も芸人は縦社会という観念を強く持っており、現在は上に立つものとしての意識を持ち、若手芸人に対し、野球の試合に出したり自分の番組に出演させたり、深夜に遊びに来いと命令したり、そのとき伊集院がはまっている遊びにつきあわせたりと、何かと面倒を見たりこき使ったりしている親分肌である。現在面倒を見ている芸人の数は50人を優に超えている。アンタッチャブル、サンドウィッチマンといった、後にM-1グランプリで優勝する芸人、オテンキのノリ等爆笑レッドカーペットで脚光を浴びる人物もいるが、全く無名のままの者のほうがはるかに多い。

テレビゲーム
少年時代からの家庭用ゲームの愛好家であり、『週刊ファミ通』などに連載を持つほか、ゲーム関連のTV番組(ゲームWaveなど)への多数出演も行っている。
なお、これらの仕事を通じて、発売前のサンプルソフトを事前にゲーム会社からもらったり、開発事情を知る機会があるため、ゲーム関連の株式の購入を禁止されているとラジオ内で語っている。
好きなゲームは風来のシレンシリーズと実況パワフルプロ野球シリーズ、クレイジータクシーシリーズ、ガチャろくシリーズ。人生で最も感動したゲームは『MOTHER』で、同シリーズの熱狂的なファンでもあるが、一方で他のRPGはほとんどプレイしない。バイオハザードシリーズやSIRENといったホラーゲームも好きで、恐怖を紛らわせるため若手芸人や友人と共に歌を歌いながらプレイするという。
美少女恋愛シミュレーションゲームを「モテない男子が現実での(恋愛を成功させるための)努力をしない逃げ道」といった理由で嫌っており、ブサイクでも恋愛ゲームへ逃避せずに努力をしなければいけない、そうしないとますます醜く見られる、とラジオで語った。
しかし、人生が変わる1分間の深イイ話内でニンテンドーDS用恋愛シミュレーションソフト「ラブプラス」が「女性の付き合いにおける面倒さや困難」をテーマに紹介された際、賞賛の意味である「深イイ」を判定している。
一回やったゲームはケースに戻さないため、何処に何が入っているか把握していない。しかし、一回やって飽きたゲームはもう一度やる気はないようであまり困っていない。

書籍

伊集院光のOh!デカ大百科(ニッポン放送出版)
幸福(しあわせ)のツボ(集英社)
銀色(シルバー)川柳―北枕(日本テレビ)
伊集院光と弁護士・岩田武司のもめごと解決大将軍(小学館)
ザ・会議室(みうらじゅん・山田五郎共著、光進社)
球漫―野球漫画シャベリたおし!(実業之日本社)
D.T.(みうらじゅん共著、メディアファクトリー)
のはなし(宝島社)
のはなしに(宝島社)

CD

『星空のパスポート』芳賀ゆい 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1990年
『ARAKAWA魂』 Arakawa Rap Brothers(伊集院光、久保こーじ)ソニーレコード、1992年
『アナーキー・イン・AK』Arakawa Rap Brothers 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1992年
『全裸マンのテーマ』丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1993年
『FATMAN BROTHERS』FATMAN BROTHERS(伊集院光、石塚英彦、田口浩正) パイオニアLDC、1995年
『あの素晴らしい愛をもう一度』、FATMAN BROTHERS(伊集院光、石塚英彦、田口浩正)、パイオニアLDC、1995年
伊集院光選曲 おバ歌謡(レーベル:東芝EMI ASIN: B000228X0A)オムニバス 2004年
『日本昔ばなし〜フェアリー・ストーリーズ〜第10巻』伊集院光, 今陽子, 鶴見辰吾, 山瀬まみ 他、コロムビアミュージックエンタテインメント、2005年※ホリプロ45周年記念企画朗読アルバム・シリーズ。日本昔ばなしをホリプロのスター・タレントたちが朗読。あたまが池(伊集院光)

上へ
上へ
上へ
  伊集院光. (2010, 4月 15). Wikipedia, . Retrieved 4月 19, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E4%BC%8A%E9%9B%86%E9%99%A2%E5%85%89&oldid=31599192.