名作ゲームどっとこむ 糸井 重里(いとい しげさと)の関連作品、キャッチコピー、人物詳細
糸井 重里(いとい しげさと、1948年11月10日 )は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント。
株式会社東京糸井重里事務所代表取締役社長。フィールズ株式会社社外取締役。本名である重里(しげさと)はスタンダールの小説「赤と黒」の主人公ジュリアン・ソレルにちなんで名付けられた(ジュリアン→ ジュリ→ 重里)。
糸井が代表を務める「東京糸井重里事務所」が運営するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は、一日の総ページビューが約140万の有名サイトで、1998年に開設された。略称は「ほぼ日」。
糸井重里
徳川埋蔵金
ホーム > 糸井重里 ジブリ作品
下へ  
糸井重里氏の関連作品
 ゲーム(MOTHERシリーズ) 上へ 
コピーライターの糸井重里はドラゴンクエストシリーズに熱中、感動し、何とか自分でもRPGを作れないかと思い立ち、RPGの制作を決意、任天堂を訪れる。
当初は任天堂もなかなか首を縦に振らなかったものの、糸井の熱意に負け制作を決定する。糸井は初代『MOTHER』(開発はパックスソフトニカ)では、好きだった映画『スタンド・バイ・ミー』へのオマージュから近現代アメリカを思わせる背景設定を用いた。『MOTHER2』(開発はパックスソフトニカとHAL研究所)も同様にアメリカ文化を彷彿とさせる世界観を盛り込んでおり、『MOTHER』のリメイク・発展型とも評される。
12年をかけて完成した最新作の『MOTHER3』(開発は任天堂、東京糸井重里事務所、HAL研究所など)は、シリーズで初めて任天堂開発部が主な開発に関与した。
本作は初代『MOTHER』で形成された世界観・設定から方針を転換し、新しいMOTHERシリーズとしての世界観をなしている。
タイトル 備考 価格
MOTHER FC、1989年7月27日  
MOTHER2 ギーグの逆襲 SFC、1994年8月27日  
MOTHER1+2 GBA、2003年6月20日  
MOTHER3 GBA、2006年4月20日  
 ゲーム(糸井重里のバス釣りシリーズ) 上へ 

バス釣り好きで有名なコピーライターの糸井重里(発売当時、HAL研究所の取締役監査役)が監修を務めた。窓口の広いキャラクターと、釣り独特の感覚を巧みに再現しているのが特徴。しかし実際の釣り同様に時間がかかるゲーム性であることや、発売ハードのユーザー層に上手くセールスできなかったことから、バス釣りブーム(1999年頃)前後に発売されながらも、NINTENDO64版は一時期ワゴンセールの定番となっていた(任天堂が生産本数を読み違えたという声もある)。

タイトル 備考 価格
糸井重里のバス釣りNo.1 SFC、1997年2月21日  
糸井重里のバス釣りNo.1決定版 N64、2000年3月31日  
モノポリーが趣味で、日本モノポリー協会会長でもある。バス釣りも趣味で、日本テレビのバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で年に1度開催される「芸能人釣り選手権」に糸井は毎年参加。開会式で田中直樹(ココリコ)から「C級コピーライター」と罵倒されるのが恒例となっている。
ただし、バス釣りについては、1995年の『笑っていいとも』で木村拓哉が「趣味でやっている」と発言したことでブームになったが、糸井もそれで興味を持ってはじめ、一時は木村と一緒にバス釣りに行っていることを吹聴し、「バス釣り」ブームを仕掛けたことで批判をあびた。1996年12月に刊行された糸井の著書『誤釣生活』は、雑誌『SINRA』に連載されたが、連載時の第1回の題名は「キムラくんに誘われて釣りに行くまで」となっていたが、単行本化時は木村サイドに拒否されて、その題名を使えなかったという。また、プロ野球・巨人のファンとしても有名で、「ニュースステーション」ではファン代表としてキャッチコピーをつけたりしたが、1991年にはシーズン開幕前の同番組で「今年優勝を逃したら六本木を褌一丁でランニングする」と宣言、そのシーズン巨人は優勝を逃したためにランニングする羽目になった。これは11月の深夜に行われ、「こんな愚かな真似はもう二度と繰り返さないでほしい」とコメントした。
同番組ではそれ以前にも1989年に久米宏が同様の賭け(巨人が優勝したら坊主になる)を行い丸坊主になっているが、これ以降そうした賭けは行われていない。
  上へ 
1995年にナンシー関が、テレビタレントとしての糸井について「誰かが『もうおもしろくねぇんだよ』とでも突っ込んでくれたら、どんなに気が楽になるだろう。
糸井重里がテレビで尊重されている大きな理由のひとつに『80年代を捨てきれない大人になったヘンタイよいこ』というのがある気がする。『イトイ的なカンジ』にひかれた子供が、現在30代半ばになり、『あの、イトイさんと』の思いを遂げている結果が、『糸井重里よくテレビに出てる』ではないのか。」と批判。
1998年に「ほぼ日」において糸井は「たしかにぼくは『視聴者のちょっと知ってる人』という役割でしかテレビに貢献してない。こういうことを目ざとく発見するのが、ナンシー関という人の恐ろしいところである。自分で、『オレ、面白くなかったんだ!』とかなり痛いところに気づいてしまったのも、彼女のせいというかお陰なのである。」と発言している。筑紫哲也による対談集『若者たちの神々(Part1)』(1984年)において、糸井は既に「自分は『場所を作る存在』で、その場所でみんなで遊んでもらえばいい」と発言している。
 スタジオジブリ作品のキャッチコピー 上へ 
「このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。」 - 映画『となりのトトロ』
「4歳と14歳で、生きようと思った」 - 映画『火垂るの墓』
「忘れものを、届けに来ました。」 - 映画『となりのトトロ/火垂るの墓』
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」 - 映画『魔女の宅急便』
「カッコイイとは、こういうことさ。」 - 映画『紅の豚』
「好きなひとが、できました。」 - 映画『耳をすませば』
「生きろ。」 - 映画『もののけ姫』
「家内安全は、世界の願い。」 - 映画『ホーホケキョ となりの山田くん』
「タヌキだってがんばってるんだよォ」 - 映画『平成狸合戦ぽんぽこ』
「私はワタシと旅にでる。」 - 映画『おもひでぽろぽろ』
「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」 - 映画『千と千尋の神隠し』
「ふたりが暮らした。」 - 映画『ハウルの動く城』
「見えぬものこそ。」 - 映画 『ゲド戦記』
「猫になっても、いいんじゃないッ?」 - 映画『猫の恩返し』
 その他のジブリ作品(糸井氏は関係なし)
映画「風の谷のナウシカ」
映画「天空の城ラピュタ」
映画「崖の上のポニョ」
 徳川埋蔵金 上へ 
徳川埋蔵金(とくがわまいぞうきん)とは、江戸幕府が密かに地中に埋蔵したと伝えられている金塊またはそれに準じる金属貨幣のことをいう。埋蔵時期とされる幕末以来、多くの発掘プロジェクトが各地で行なわれ、そのほとんどが全く成果のないままに終わっているが、現在でも独自の推論を根拠に発掘を続けている人々が存在する。

TBSの番組「ギミア・ぶれいく」の中で、糸井重里を中心としたプロジェクトチーム結成。超能力者を自称する者の助けを借りるなどして埋蔵箇所を「源次郎の井戸」と推定し、大型重機を使用した大掛かりな発掘を行なった。江戸時代以降に掘られたと見られる穴や遺物を多数発見したが、埋蔵金に直接繋がるような発見は無く、プロジェクトチームも解散した。糸井はのちにこの番組について「世界唯一の土木番組」だったと自嘲的に語っている。なお、TBSは2008年にもこの番組の後継番組的な番組である「バラエティーニュース キミハ・ブレイク」においても同様の発掘企画を実施している。

TBSが同局の番組「日立 世界・ふしぎ発見!」にて、「埋蔵金伝説の赤城山とは世良田東照宮に作られた擬似赤城山である」と推理する内容を放送したことがある。

テレビ朝日でも、同局の特番「水曜特バン!徳川埋蔵金大発掘」で群馬県内の別の場所を掘ったことがある。TBSのプロジェクトと同時期に行われ、埋蔵金研究者の八重野充弘が企画・出演した。
上へ

 
  MOTHERシリーズ. (2009, 3月 1). Wikipedia, . Retrieved 3月 8, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=MOTHER%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA&oldid=24634347.
糸井重里のバス釣りNo.1. (2008, 12月 7). Wikipedia, . Retrieved 3月 8, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%B3%B8%E4%BA%95%E9%87%8D%E9%87%8C%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%B9%E9%87%A3%E3%82%8ANo.1&oldid=23272879.
糸井重里. (2009, 3月 6). Wikipedia, . Retrieved 3月 8, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%B3%B8%E4%BA%95%E9%87%8D%E9%87%8C&oldid=24711113.
徳川埋蔵金. (2009, 1月 30). Wikipedia, . Retrieved 3月 8, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%9F%8B%E8%94%B5%E9%87%91&oldid=24143077.