名作ゲームどっとこむ 小島秀夫のゲームソフト一覧、ゲーム動画(YouTube)
映画作家という職に憧れており、高校時代には小説の執筆や自主映画の制作を行っていた。大学になってからも続けられていたが、三年のときにアーケードゲームに傾倒し、当時『イーアルカンフー』など風変わりなゲームを出していたコナミに興味を持ち、1986年に同社の神戸オフィスに入社した。
入社後、MSXの部門に配属されたが、小島はファミコンのソフトが作りたいという思いがあったために会社を辞めようと考えていた時期があった。さらにファミコンより制約が多いMSXでいかにアイディアとセンスで勝てるか苦悩の日々が続いた。その制約の中で生まれたのが1987年に発売されたMSX2用ソフト『メタルギア』であった。当時、アーケードゲームで人気のあった戦争ゲームを作ってみろ、と言われたが多くの弾丸やキャラクターを表示させることはMSXの性能では不十分であった。そこで、弾や敵をあまり出させずに敵地にこっそりと潜入して進んでいく、という逆転的な発想をコンセプトにしたゲームであった。この斬新性とストーリーの完成度の高さからMSXのソフトとして大きな成功を収めた。
小島秀夫
小島 秀夫(こじま ひでお、1963年8月24日)はゲームデザイナー、コナミデジタルエンタテインメント専務執行役員クリエイティブオフィサー、開発チーム小島プロダクション監督。東京都世田谷区生まれの兵庫県川西市育ち。愛称は、『ヒデちゃん』『コジコジ』『監督』など。
ホーム > 小島秀夫
下へ 
小島秀夫のゲームソフト一覧
 メタルギアシリーズ 上へ 
タイトル 備考 価格
メタルギアソリッド ライジング PS3,Xbox360、未定 未定
メタルギアソリッド ピースウォーカー PSP、2010年3月18日 5,229円
メタルギアソリッド4
ガンズ・オブ・ザ・パトリオット
2008年  
メタルギアソリッド ポータブル OPS+ 2007年  
メタルギアソリッド ポータブル OPS 2006年  
メタルギアソリッド3 スネークイーター 2004年  
メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス 2004年  
メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ 2001年  
メタルギアソリッド 1998年  
メタルギア2 ソリッドスネーク 1990年  
メタルギア 1987年  
 ボクらの太陽シリーズ 上へ 
タイトル 備考 価格
ボクらの太陽 Django&Sabata 2006年  
新・ボクらの太陽 逆襲のサバタ 2005年  
続・ボクらの太陽 太陽少年ジャンゴ 2004年  
ボクらの太陽 2003年  
 ときめきメモリアルドラマシリーズ 上へ 
タイトル 備考 価格
旅立ちの詩 1999年  
彩のラブソング 1998年  
虹色の青春 1997年  
 ZONE OF ENDERSシリーズ 上へ 
タイトル 備考 価格
ANUBIS ZONE OF THE ENDERS 2003年  
ZONE OF THE ENDERS 2001年  
 その他 上へ 
タイトル 備考 価格
ポリスノーツ 1994年  
スナッチャー 1988年11月、PC-8801 8,800円
夢大陸アドベンチャー 1986年9月、MSX 4,980円
  上へ 

1988年にアドベンチャーゲームである『スナッチャー』が発売された。小島の作品の特徴となる、ゲームに映画のような手法を取り入れた初めての作品となった。1990年にはメタルギアの続編にあたる『メタルギア2 ソリッドスネーク』が発売された。コナミ最後のMSX2向けのソフトであり、『メタルギアシリーズ』はいったんここで終結した。

1994年には『スナッチャー』で使われていた映画的手法をさらに発展させた『ポリスノーツ』が発売された。

1995年にコナミの分社化に伴いコナミコンピュータエンタテインメント大阪(後のコナミコンピュータエンタテインメントスタジオ)の開発第5部の部長になり、翌年に開発第5部がコナミコンピュータエンタテインメントジャパンとして独立、東京に開発拠点を置いた。

1998年には『メタルギアシリーズ』の復興として、プレイステーションの能力を生かして制作された『メタルギアソリッド』が発売された。『メタルギアソリッド』は旧来の『メタルギア』のプレイヤーのみならず新たな層も開拓し、さらにアメリカ合衆国では日本でのセールスを大きく上回りミリオンを達成するほどの人気が出ており、全世界で約660万本を売上げる大ヒットとなった。

2001年にはロボットアクションゲームである『ZONE OF THE ENDERS Z.O.E』と、『メタルギアソリッド』の続編である『メタルギアソリッド2』をリリースした。『メタルギアソリッド2』及び前作のヒット受けて、2001年12月24日発売のアメリカの「ニューズウィーク」誌で「未来を切り開く10人」に日本人として唯一選ばれた。

2004年には『メタルギアソリッド3』をリリース。G4Tech TV主催「G-Phoria」特別功労賞 (Legend Award) を受賞した。

2005年4月にコナミの再編によりコナミコンピュータエンタテインメントジャパンがコナミに吸収合併され、同年5月に自身の開発チームである小島プロダクションが発足した。同年12月より、小島プロダクションの公式サイト内のブログ『HIDEO BLOG』内でネットラジオ『HIDECHAN! ラジオ』の放送を始めた。小島プロスタッフや『メタルギアソリッド』シリーズゆかりの声優などを招きトークを展開、パーソナリティとしての側面も見せる。

2006年にコナミの持株会社への移行に伴い、新設子会社であるコナミデジタルエンタテインメントに移籍、同時に執行役員クリエイティブオフィサーに就任する。同年の10月23日に全米プロデューサー組合が決める「世界で注目すべきデジタル系プロデューサー・クリエーター50人」の1人に選出された。

2008年6月、PS3専用ゲームソフトとして『メタルギアソリッド4』を全世界同時発売。

2009年3月、GDC 2009に招かれ、『ソリッドゲームデザイン:『不可能』を可能にする(Solid Game Design: Making the 'Impossible' Possible)』と題した基調講演を行う。同講演の中で、『MISSION:The NEXT MGS』の文字とともに、刀を持った男が描かれたロゴを発表し、「新しいミッション『The NEXT MGS』に挑みたい」というコメントを残す。

2009年4月、コナミデジタルエンタテインメントの専務執行役員に就任。

2009年6月2日・3日、E3 2009において、『メタルギアシリーズ』の新作として、Xbox 360・PS3・PC向けに『METAL GEAR SOLID RISING』、PSP向けに『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』、アーケード向けに『METAL GEAR ARCADE』の三作品を制作すること、またPS3・Xbox 360向けアクションゲーム『Castlevania -Loads of Shadow-』(Castlevaniaシリーズ最新作)を小島プロダクションがプロデュースすることをそれぞれ発表した。

制作スタイル

ゲームジャンルとしてはアクションゲームやアドベンチャーゲームが好きだが、いわゆる「ファーストパーソン・シューティングゲーム (FPS)」は好きではなく、画面にキャラクターが映る三人称視点のゲーム「サードパーソン・シューティングゲーム」(TPS)が好みとのこと。また開発の際には「自分が遊びたいゲーム」を作ることにこだわっているとインタビューで語っている。

自身の仕事はゲームだからできると発言している。「映画や小説をやりたかったが、そうなると完成させる自信はない。 際限なく改良を加え続けると思う。ゲームだから、プレイヤーが主人公を操作するからこだわっても仕方がない部分がある」と言っている。

『メタルギアシリーズ』のソリッド・スネークはキャラクター性を持たせないように創っていたと語っている。『MGS』でキャラクター性が付いてしまったので『MGS2』で雷電を新しい主人公にして、スネークを客観的に観られるようにしたと発言している。

業界内親交

桜井政博をはじめとして、ゲーム業界やその他の業界にも多くの友人がいる。なお、小島本人の希望により、『大乱闘スマッシュブラザーズX』にはソリッド・スネークがゲスト出演した。須田剛一とは自身のラジオ番組で洋楽について、深い造詣を見せたトークを交えている。

また同ラジオにおいて、自らがゲームクリエイターとなるきっかけとなった作品に『スーパーマリオブラザーズ』と『ポートピア連続殺人事件』を挙げ、宮本茂堀井雄二を師匠、目標として尊敬する旨を度々公言している。

  上へ

  小島秀夫 (ゲームデザイナー). (2009, 9月 25). Wikipedia, . Retrieved 10月 18, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E7%A7%80%E5%A4%AB_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC)&oldid=28165624.