名作ゲームどっとこむ ポピュラス(PCエンジン)の動画、攻略本、ゲーム詳細
ゲーム動画
ポピュラス
ホーム > ゲーム風の噂 > ポピュラス
 
ジャンル
シミュレーション
メーカー
ハドソン
機種
PCエンジン
発売日
1991年4月5日
価格
7,800円
【PCE】 ポピュラス
populous - pc engine (1990)
上へ

『ポピュラス』 (Populous) は1989年にイギリスのブルフロッグが開発、エレクトロニック・アーツが発売したコンピュータゲームソフトである。デザイナーはピーター・モリニュー。初期はパソコン(コモドール Amiga、アタリST、そしてIBM PC)用ゲームソフトとして発売されたが、後に広範囲の国内パソコン、コンシューマゲーム機に移植された。ミニスケープゲーム及びゴッドゲームの代表作である。

概要
プレイヤーは神となり、様々な神技を使い、ゲームフィールド上に散在する自分を崇拝する民族を繁栄させ、最終的には敵対する神を崇拝する敵民族を滅亡させることを目標とする。どちら側の民族も常にリアルタイムで行動している。
ただしそれぞれの民族を神であるプレイヤーは直接操作することはできない。プレイヤーが使える神技は「土地を盛り上げる/掘り下げる」「各種天災など(「奇跡」と呼ばれる)を発生させる」といった間接的な行動に限られる。
基本的には地形を平坦にし、自分の民族が居住するスペースを確保しながら、敵の民族の繁栄を各種天災で妨害する形になる。
自分の民族が繁栄するとそれは神の力(マナ)となり、より大きな天災などを発生させることができるようになる。天災には、地震、毒沼、火山、洪水、そしてハルマゲドンなどがある。繁栄能力を失う代わりに死ぬまで敵を倒し続ける、強力な「騎士」を作ることもできる。
また、民族同士が衝突した際に、繁栄の度合いによって戦闘の結果が変わってくる。
特筆すべきは最終手段の天災「ハルマゲドン」で、これが発生すると両陣営の民族がそれぞれ画面中央部の一箇所に集合し、一人の騎士となって勝敗がつくまで戦うことになる。多くの場合これで決着をつけることになるが、ステージによっては使用できない場合もある。

上へ
ポピュラス PCエンジンソフト ポピュラスのすべて
攻略本
ポピュラスのすべて
 
 
ウィキペディアで調べた情報を簡潔にまとめて掲載しています。
さらに詳しい情報は最下部のURLから直接ウィキペディアのゲームページへ飛べます。
上へ

上へ 「ウィキペディア(wikipedia):フリー百科事典」より文章引用
ポピュラス. (2010, 5月 15). Wikipedia, . Retrieved 7月 27, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9D%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B9&oldid=32096529.